ノリーズ・エスクローザー62ml | インプレ

こんにちは、ニヤです。

今回はロッドのインプレを書いていきます。
お題はノリーズ社のエスクローザー62mlです。

それでは中身に入っていきましょう。

エスクローザー62mlはどんなロッド?

エスクローザー62mlは、エステルライン専用機と謳われたロッドです。

エステルラインってどんなライン?という方もいらっしゃると思うので、
簡単に説明します。

エステルラインのメリットは、
伸びがなく(=魚のアタリや水中の状況をダイレクトに感じる)
直進性(ラインがスルスル放出されるので、軽いものがよく飛ぶ)
というところ。

エステルラインのデメリットは、
伸びがないため、衝撃に弱くラインが切れやすい
(極端な話、ゴム紐とタコ糸を思い浮かべてください。ゴム紐はナイロンライン、タコ糸はエステルライン。瞬間的に引っ張った時に切れやすいのはタコ糸ですよね)

そして、このエステルラインの特性を最大限に活かすべく開発されたのがエスクローザー62mlです。

エスクローザー62mlを導入した理由

私は、エステルラインの特性を気に入っています。

というのも、
管理釣り場の釣りにおいては、魚のバイトを含めた水中からのインプットが非常に重要だからです。

例えばですが、
まだ管理釣り場の釣りを始めたばかりで「バイトがよくわからない」「ルアーが動いている感覚がわからない」という方は、エステルラインを使っていただければ魚の感覚・ルアーの感覚がめちゃくちゃわかります。

ただ、記述したようにラインブレイク(ラインが切れてしまう)しやすいのも事実。

もちろん自分の釣りの腕でその辺のトラブルを回避するというのも一つなんですが、
もう一つの方法としては、タックルで解決する、ということです。

そして、その抜群の解決策がこのエスクローザー62mlだったのです。

エステルライン用タックル選びの道のり

前項で書いたように、エステル専用タックルについては、
色々模索していました。

かなりハリのあるロッドも使いましたし、
逆にULクラスの柔らかめなロッドにもエステルを組んでいました。

もちろんキモは、どんなルアーを投げて、どうやって扱いたいか、なんですが、
私がタックルを選ぶ時に重要視しているのが「一本のタックルでどれぐらい色んなことができるか」です。

なので、固すぎても柔らかすぎても、カバーできる範囲が偏ってしまう悩みがありました。

管理釣り場の釣りはそれぐらい繊細なものだと思っています。

そんな前提条件を踏まえ、たどり着いたのがエスクローザー62mlなのです。

エスクローザー62mlを選んだ理由

ズバリ、エスクローザー62mlを選んだ理由は、
一番自分が投げる可能性が高い1.0~1.8gを広くカバーできる。かつ、精度が高いからです。

エスクローザーを釣具屋さんでフリフリすると、結構ハリが強いように感じるのですが、
いざ釣り場でルアーを扱ってみると、柔軟なロッドだということがわかります。

良い意味で予想を裏切ってくれるロッドだと思います。

エステルの特性にマッチしたロッドは巷に色々あり、各々特性はありますが、
あまりピーキーなロッドは好きじゃないとか、アッパーポジションでも食い込みよく魚を掛けたいという方は、ご存知ホワイトウルフ62uleもお試しいただくと良いかもしれません。

最終的には自分の釣りにどう馴染むかですね。

エスクローザー62mlを使ってみた感想

まずキャスティングフィールについて。

前述したように、若干のハリがあるロッドなので、ハリを生かした反発で飛ばす感じ。

リール・エステルの細さ・種類にもよりますが、個人的に一番気持ちよく使えるのは1~1.5gぐらいかなと思います。

アンダー1gを使うのであれば、人を選ぶかなというのが私の感想です。

あと、個人的にこのロッドを使う上で一番キモだなと思ったのは、リトリーブ中のロッドグリップの握り加減です。

ここの調節がうまくいかないと、魚のバイトを弾いてしまって魚のキャッチ率が物凄く下がります。

もちろん、リーダーの長さやエステルラインの種類によって調節も可能だと思いますので、
そう言った工夫がたまらなく好きという方は楽しいロッドだと思います。

まとめ

今回はノリーズ社のエスクローザー62mlのインプレを書いてきました。

個人的にはなかなか癖があるロッドなのかなとは思うのですが、
その分自分に馴染んでいく過程が楽しいロッドでもあります。

良いロッドは高額で、そんなにホイホイ買えるものではないです。
なので、じっくり選んで後悔がないようにしたいですよね。

もし、エスクローザー62mlを買おうか迷っている方がいたら、
この記事がほんの少しでも参考になったら嬉しいです。

タックルを色々悩んでる時間も楽しいですからね。

それでは、また。